「物の見方は一つじゃない!」

 

 

これは私が

小学校4年の時に

安芸先生という

女の先生が担任だったのですが、

 

「クラスのスローガンみたいなのを

 作って黒板の上に貼ろう。」

ということで

先生が考えた?言葉です。

 

一つの視点からではなく、

色々な視点から物事を見ると、

決して正解は一つじゃない!

という説明を受けて、

私は、

「確かにそうや!」と思い、

ずっとこの考えを持っております。

私は、小さい時から納得できないことは受け入れられない

頑固な性格なのですが、

確かにその通りやな、と思ったことは、

こうして、ずっと心に残っているものです。

 

自分の視点からだけじゃなく、

相手の立場に立ってみて、

その視点から

物事を考えるというのは、

重要なことで、

普段の生活ではもちろん、

相手と対面しない

ネットビジネスでは特に

考えないといけないことだと思います。

ですので、

自分の視点だけでなく、

あらゆる角度から

見つめ、

その上で結論は出す習慣をつけると

頭の柔軟な人間になれますよ。

もちろん、筋が通らない

話には、はっきりとNOと言う

必要はありますが。

*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA