仏陀の涅槃図

おはようございます、

穀蔵院ひょっと斎です。

今朝の目覚めは

スッキリ爽快でした。

なぜかというと、

ある、“寝かた”を実践したからです。

以前読んだ本に

こんなことが書かれていました。

人間は本来仰向けではなく、

 うつ伏せで寝るべきである

と。

その理由は

野生動物は皆、

やわらかいお腹を下にして寝る。

ほかの動物に襲われた時に

やわらかいお腹を守るためだ。

これはライオンや虎も同じ、

本能的にお腹は下なのだ!

というような感じのことが

書かれていました。

確かに、こんな風に寝る

野生の猫はいません。↓ 

neko                    写真 by:yeowatzup

私は、全ての生物の

原理原則は、

野生の生物をはじめとした

自然の中にある、という考えですので、

「これは、確かにそうだ!」

と思い、さっそく実践したんです。

すると…

朝、目覚めると

いつもより格段に調子がイイ!

本当に起きた時の感覚が

“いつもと全然違う”ということが

ハッキリとわかるのです。

睡眠の質が高まってる。

そう感じましたね。

身をもって、その効果を体験した私は

次も実験してみようと思い、

うつ伏せに寝てみたんですが。。

「寝にくい!」

我々は仰向けに寝る習慣がついてしまっています。

仰向けで慣れてると、

うつ伏せで寝るのが難しいんです。

で昨日は、ちょっとだけ寝よかな~と思ったんで、

たまたまうつ伏せで寝たんですね。

そしたら、AM:6:00頃に

朝日と共に爽快に目覚めていました。

これで確信しました。

うつ伏せで寝るのは絶対に身体にイイと!

本当は、あと一回ぐらい実験したほうが

いいのでしょうけど、

次はあなたが実際に体験してみてください。

寝起きが劇的に変わります!

P.S

寝かたが変われば、睡眠の質が変わる。

睡眠の質が変われば、寝起きが変わる。

寝起きが変われば、一日のスタートが変わる!

実践あるのみ!

*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA