吉報か!コインチェック、ネム(NEM=XEM)ゴックス事件の最新NEWS!


暗号通貨メルマガから抜粋:

 

26日夜、仮想通貨取引所コインチェックがハッキングされ、

日本円に換算して、約580億円分の

ネム(通貨名はXEM)が盗まれる

という事件が起きました。

この金額は過去最大規模です。

ちなみにタイトルの「ゴックス」とは、

過去にマウントゴックスという取引所で

約115億円相当の

ビットコインが盗まれたことから、

取引所のコインが盗まれることを

「ゴックス」と揶揄されるようになりました。

 

私自身、コインチェックは

始めて開設した取引所であり

取引量も国内No.1ですので

大手ビットフライヤーに続く

国内ではNo.2の座にいる取引所であると

すっかり安心しきっていたのですが

まさか、こうくるとは思いませんでした。

コインチェックを紹介していた

身として申し訳なく思います。

しかもですね、ちょうど私コインチェックに

入金した直後に事件が発覚しましてですね

金入れた瞬間に凍結されるという

事態に陥ってしまったわけです。(汗)

ここんところ国内取引所は

ビットフライヤーを使っていたのに

今回なぜかコインチェックだったんです。

どうしようもないですよ、ほんとに。

なのでXEMは持っていないにしても

他人事ではなかった、ということと、

あなたにコインチェックを

紹介していた身ということもあり、

そして、

今後の日本の暗号通貨市場の動静にも

かなり影響するんじゃないかということで、

コインチェックがどう対応するのか見ていました。

金額が過去最大級ということで、

海外のトレーダーからも

かなり注目が集まってますからね。

すると昨夜23時50分頃のニュースで

「盗まれたXEMを保有していた人たちには

日本円で返金する」という発表がありました。

まだ返金時期が未定となっているので

完全に安心はできないですが

ひとまずホッとしました。

(レートが下がっている時の時価というのが
 ちょっといやらしいですけど)

この発表によって、

XEMは急に買いが入って価格が伸びました。

ここ最近連続のバッドニュースで

低迷していた他のコインたちも

少し上がってきましたね。

注目すべき点は、今回の事件について

ネム(NEM)財団の対応です。

発表によると

・盗まれたXEMは追跡できるようにタグ付けした。

・このことは全ての取引所と共有している。

・よってコインチェックで盗まれたXEMは

 売って現金にすることができない。

ただしこれによって盗まれたXEMが戻ってくる

ということではないですが、

盗んでも現金にできないのであれば

盗む意味がなくなるので

今後の抑止力に繋がるといえるでしょう。

XEMはこの件によって

世界にアピールできたということです。

XEM上がりそうですね。

今回、コイン自体のセキュリティーもさることながら

取引所のセキュリティーへの姿勢は

かなり重要であると再認識させられました。

(まあ、内部事情ではあるので中々表面からは見えづらいですが)

そりゃあね、盗んだやつが一番悪い。

これは当たり前の事実です。

それに取引所の口座開設する時の

規約で、たしかにゴックスされた時の

賠償責任は一切負わない

ということが明記されているし

私たちは、それに同意しているのも事実です。

しかし今回、コインチェックのアルトコインに対する

セキュリティーが甘かったことが露呈しました。

これについてはコインチェックの落ち度でしょう。

ですが26日夜の記者会見を見ていると、

まるで自分らには全く落ち度がなく、

逆に100%被害者であるかのような

態度にも見受けられました。

女弁護士も酷かったし

社長はキョトン顔で物を言わない。

そりゃあ悪いのは盗んだやつですが、

自分らは取引所を運営して

顧客から大事な資産を預かっている

責任があるのですから、もっと

「迷惑をかけて申し訳なかった」

という姿勢が見えても良かったと思う。

ところが、

そういった態度がほぼ見えなかった。

少なくとも私には。

過去にはコインチェックの社長のTwitterで

「人間としてどうなん?」

と思うようなツイートをしています。

例えばこんなツイートです。↓

コレを見ると私は今後、

コインチェックを

積極的に使おうという気にはなれない。

ゼロとは言えないが

頻度は著しく減るだろう。

コインチェックに至っては

この若い社長は傀儡の可能性もあるけども、

「大将がどんな考え方、想いをもっているか」

ってすごく大事やし、

長期的に考えたらその事業に大きく影響する

コアの部分です。

ずっと機械相手にするんやったら

ええかもしれんが、一緒に働く人間は離れるんじゃないか?

そうか同じような人間が集まってくるやろう。

利害関係でくっついてる

ビジネスパートナーも

金の切れ目が縁の切れ目になる。

ただね、じゃあコインチェックはアカンわ!

と言って、今出金ラッシュが起こったら

コインチェックが倒産する可能性も高くなる。

そのために出金できないような措置を取ったわけだ。

だから今、コインチェックが潰れるような

動きをすることは得策ではない。

(まあどっちみち出金できひんけど)

こういう考えも利害だけの関係に他ならない。

純粋に応援してやろう

なんて気にはなれんし、皆そうだろう。

利害、下心があっての行動じゃあないか?

そんな寂しいトップってどうなんやろうね。

ってところで、

めっちゃくちゃ長くなってしまったし

今回のメールを〆させていただきます。

 

P.S

『今回の事件でどうなったのか整理』

5億XEM(時価約580億円)が盗まれて、

コインチェックのずさんなセキュリティーが露呈。

コインチェックの信用が落ちる。

もしコインチェックが倒産すればXEM以外もヤバイ!?

事件からNEM財団がソッコーで動き、

XEMが現金化できないように措置。

暗号通貨のセキュリティー信用度に一役買ったか、

少し全体の相場が上がってくる。

コインチェックXEM盗難被害者に

日本円で返金しますと発表!

(イマここ)

*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA