進む機械化。やがて機械やコンピューターが人間の仕事を奪う!?


photo by ieet.org

こんばんは、

二代目ひょっと斎です。

先日、「全コンビニに無人レジ導入

というニュースがありました。

セブンイレブン、ファミマ、ローソンなどの

大手コンビニ5社が2025年までに

国内全店舗にセルフレジを導入するということらしいです。

現在でも

「ピッ、ピッ」と

バーコードスキャンだけ

レジの人がやって支払いは機械で、という

半セルフレジのスーパーや、

普通のレジとセルフレジが設けてある店があったりします。

今回のは、これがさらに進化したものになるようで

メーカー出荷の時点からICタグを使って

商品管理と会計が効率化されるということです。

こんな感じです。(1分ほどのニュース映像)

https://www.youtube.com/watch?v=CqE89V29WjQ

 

ということは、今後はコンビニだけでなく、

あらゆる店でICタグを使った

セルフレジのシステムが導入されることでしょう。

これにより、

あのわずらわしいレジの待ち時間が軽減し

ICタグを使うことで

メーカー物流消費者

間の商品の情報は一元化されるわけですが、

そこにかかっていた人件費のコスト削減と同時に

また1つ、今まであった仕事が

世の中から消えていくわけです。

当然ながら、無人レジマシンを導入した

店舗ではレジ打ちの人員を整理することになるでしょう。

上の動画ではローソンの部長が

もっともっと機械化を進めていきたい

とインタビューに答えています。

私はすでに著書の中で、レジの仕事が機械化することを

予見していましたが同じように機械化していくのは

レジだけではありません。

ここでは多くは述べませんが、

車の自動運転化が進み

グーグルは今年中にロボットタクシーサービスを

始めると言っているし、

日本でも受付に

人間型ロボットが採用されているホテル

なんていうのもあります。

 

少しずつでもいい。

今のうちから自分で稼ぐ力を

身につけておかなければいけない。

これからはそんな時代なのです。

【 ※必読 】
今後機械化する仕事と、解決策について書かれた書

 

 

*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA