ライティング・テクニック2 優秀なキャッチコピー


二代目ひょっと斎です。

 

メルマガを書いたり、本を書いたりと

自分も「ライティング」していると、

「おっ、このコピーいいな」とか、

「これは、こうだったらもっといいのにな」とか、

思うことが多々あります。

今日は昨日の記事の続きです。

 
「う~ん、なかなかええコピーやったな」

と、走り去った後、

見かけたこちらのカンバン。

これは写真をバッチリ撮りました。

 

 

「レンタルボックス」の借り手

募集のカンバンです。

これを見て私は思いました。

 
せっかく名前が「加瀬」なんだから、

私は“かせ”ですが、倉庫はかします!

というキャチをつければ、

よりインパクトが出るのではないかと。

 
 
ちょっとしたひねりのある、

インパクトのあるコピーがあることによって、

記憶に残りやすくなる。
 

しかも、今倉庫を借りたい人だけでなく、

今後倉庫を借りたいな~となった人にも

あ、そうや!かせが貸してるわ!

と、潜在的に

『倉庫=かせ』

意識を作れる効果があるからです。

 
 
 

今だけじゃなく、未来にも効果のある

カンバンになるわけですよ。

 
 
 
ちょうどTVのCMなんかでも、

耳に残るというか、

覚えてるフレーズってあるでしょ?

 
 
 
例えば

「やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

 イナバ物置!

とかがそうです。

 
「物置といえば?」

と聞かれると、

ん? う~ん、イナバ?

となるわけです。

 

音だとリズムで覚えやすいですが、

文字となると、

少しひねりがあったほうが

インパクトが出る。

 
文字だけでもリズムは重要です。

語呂が良いとか韻を踏むのも重要。

 
短くて、語呂がよく(リズム)、印象に残る(インパクト)

コピーが優秀なキャッチコピーです。

 
 
 
 
この後さらに

電気屋へ行ったのですが

そこでもまたまた発見してしまいました。

長くなるので続きはまた明日。
 

      〈続く〉

 
 
 
 

*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA