穀蔵院ひょっと斎です。

先日、おばあちゃんの

お墓参りに行ってきました。

今の俺は

こーでな、あーでな、

と自分の近況を伝え、

手を合わせて帰ったのですが、

お墓の前でおばあちゃんと

会話している、

そんな気分になりました。

その帰りしに ふと、

「すべてを合理的に考える人って

お墓に向かって語りかける(まあ心の中でですが)

という行為をどう感じるのかな?」

と思いました。

石に向かって話して

一体何の意味があるのか、

時間の無駄だ。と考えるのでしょうかね?

お墓という物があるからこそ

目には見えない魂を感じやすくなる、

イメージしやすくなる。

あの世とこの世をつないでる役割が

あるんだな~と思いました。

神社仏閣もそうでしょう。

人間が他の動物と決定的に違うのは

その想像する力にあります。

人間の脳の大半は

力を発揮しないまま

眠っているといいますが、

その隠れた力の90%近くが

イマジネーションであると

私は考えています。

例えば、「」や「虫の知らせ」、

いわゆる「テレパシー」などの

科学を超越した能力ではないか。

そしてそれは、想像力を働かせ、

信じる」という

ところから始まるのではないか。

そう考えているのです。

これはすなわち、

精神世界であるとも言えるでしょう。

精神世界や、スピリチュアルと聞くと

どうしてもオカルトくさく

聞こえる人もいますが、

そういったことを飲み込める人は、

目に見えることしか信じられないリアリスト達よりも

強くなれるし、世界も広がるのです。

インターネットビジネスもそうです。

わかりやすい例で言えば、

ネットのヴァーチャルな世界に

店を出すということが想像できなかった人は、

ECショップ(ネット通販)という

戦略を取り入れることができずに

時代の波に乗り遅れたことでしょう。

 

想像力=創造力なのです。

 

P.S

私が小6の時に

おばあちゃんは亡くなったのですが、

お墓の前で手を合わせ、色々と報告していると

小学校6年の、あの時の俺に

タイムスリップしたような

そんな感覚になりました。

そして大好きだったおばあちゃんに

「立派な漢になるしな!上から見といてや!!」

と約束しました。

この世での行い、ってーのは

あの世で再び会う人達への土産話、

なのかもしれませんね。

 

*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA